<Center> 申し訳ございません。<br> 現在ご使用のブラウザではこのページをご覧頂けません。<br> お手数をお掛けしますが、<a href="../sitemap.html" target="_blank">サイトマップ</a>からご覧頂きます様お願い致します。 </Center>



「エレクトラ」
★録画ビデオ★
 まさか、こういうお話だとは思いも寄らず、楽しんで観る事が出来ましたよ。 kimuの好きなアメリカンコミックの映画版です(アメリカンコミック自体は、あまり読んだ事はありません)。 アメリカンコミックの映画版だからっていう目で観始めたのですが、全く違うんですよ!!!!いやぁ、面白かったです。

 この主人公を含めた術者達っていうのかしら???能力者達には、あまり女性がいないらしくて、女の子の術者は“宝”として善と悪というか、対立する二勢力の間で、取り合いになるらしいのです。 この映画は、エレクトラと、新たなる“宝”の女の子のお話って感じで、お互いの暗い部分を少しずつ癒していくって感じでした。

 兎に角、主人公のエレクトラが強い強い(ってより、思わせぶりな敵が弱いのかしら???)。 私は、強い女性が大好きなので、本当に楽しく観ていられました。

 思わせぶりな(弱い??)敵ですが、何か良かったです。kimu的にタトゥって名前の術者(って言うのかしら??)の技が好きでした。弱そうだけれど(笑)。体中に刺青がしてあって、それを実体化出来るって言う能力なんです。 だから、本人自体は弱いの(苦笑)。あ、あと、紅一点のポワゾンって言ったかなぁ???が良かったです。 術者としては、あまり強そうではなかったのですが、「私も昔は“宝”だった」っていう台詞が何か良かったのですよ〜。 昔観た、インドだったか何処かの神様の儀式のドキュメント番組を思い出しました。 そこでは、未だに、神様が子供に宿るというので、小さいうちに神様が宿った子供を寺院に連れてくるのですね。 そして子供でなくなると新たなる神様の宿った子供を捜してきて、今まで神様扱いしていた女の子を家に戻すのですよ。 でもね、その女の子は、十数年も神様として崇められて、お告げ以外何もしてこなかったのに、突然、普通の生活をしろって言われても無理じゃないですか。凄くそこが酷い話しだなぁ、神様に選ばれた子供が辛いなぁって思って観ていたんです。それに近い感じがあの一言に良く出ていたと思うのですよ。
「ゲド戦記」
★2006年★
 大変な酷評を公開前から頂いていましたが、kimu的には、そんなに悪い出来ではなかったように思います。何故にみんなあんなに酷評??って感じなのですが、それはやはり偉大なお父上と比べられてしまうからなんだろうなぁと思うわけです。

; まぁ、実のところを言いますと、kimuは原作自体夢中になれなかったので、原作に思い入れがないからなのかもしれませんが、でも、あの淡々としたお話を良くまとめてあったと思うのですけれど…。 kimu的には、原作で言えば3巻よりも2巻の方がお薦めなんですね。でも、2巻だとほとんどずっとずっと真っ暗っていう(大笑)。おまけに“ゲド戦記”なのにゲド、ほとんど出てこないよって(笑)。

 それはさておき、内容ですが、良い意味、原作の雰囲気を忠実に守ろうとした結果、ああいう風になったと思うのですよ。 うん。真面目に作ったんだなぁと言う感じです。真面目って事は、面白くないと思われがちなんですよ。何故か。 要は、偉そうになってしまいますが、“堅い”んですよ〜っ。比べるのではなくて対象としてお父上の作品である「ハウル」は、本当に原作と同じ世界のパラレルワールドみたいに作られていたので、もう原作がどうとかこうとか突っ込む必要性がなかったのですよ。 あのくらい、ある意味“柔らかく”作られていたら、違う評価になっていたかもなぁと思うのです。

弟も言っていました。初めての作品であんだけのものが作れるなら凄いんじゃないの??って。私もそう思います。 何やら、妙に弁護するようですが、kimuは、本当に原作のあのまったりとした雰囲気を良く出していると思っているんですよ。 あんなに、否定するほど悪くないと思っているのです。

 おおっと、内容には何も触れていない事に今気がつきました(苦笑)。一国の皇子のアレンが自己発見の旅に出て自分を取り戻すまでの間の話です。うわっ短い(笑)。自己発見なんで、暗いのは当り前!!! おまけに、自国を出る前にアレンのお父様=王様(それも大変、立派な)を刺し殺しているんですよ。 あ〜っ、ココが唯一頂けない所ですね。ああ、ココが悪い出来の部分なのかも…。 殺してしまっては、自己発見も何もないですものね。そうか…(←妙に納得)。 でも、あの終わり方だと、怪我をさせたぐらいなのかもしれませんね。

「スターウォーズ エピソードV」
★録画ビデオ★
  とうとう観ました。エピB!!!
アナキン〜(涙)。kimuはユワン・マクレガー氏が結構好きなのでオビ・ワン好きなのですが、あの、最後のアナキンとオビ・ワンのシーンはもうちょっと余韻が欲しかったかなぁ。でも、総じて「sw」シリーズは、あっさり物語が進んでいくので、あんなものなのでしょうね。 kimuは読んだ事がないのですが、小説はその辺が熱いらしいので、是非是非今度、読んでみたいと思っております。

  kimuが幼き頃に観たエピW〜Yまでだって、今観ても全く遜色ないですもの。 本当にあの監督達は凄い!!!映像技術がやっと追いついたって。もう、そこが凄いですよ。やっぱり偉人って違うんですね(しみじみ)。
「ボンボン」
★2007年4月20日 cinecanon★
  恐らく、kimu初のアルゼンチン映画であると思います。 淡々と、主人公の日常と少しだけ日常と離れた暮らしが映されています。 この事について、何の説明もないです。観ているだけで、主人公が、貧乏で字も読む事が出来ないらしいという事が判ってきます。
  そんな作りなので、話に大きな山も谷もありません。 そういうお話が苦手な方は、眠くなってしまうと思われます。 苦手ではない私も少々、眠くなってしまったくらいです。
  お話は、日本の昔話の「藁しべ長者」という説明書きがありましたが、「藁しべ長者」の様に明確にめでたしめでたし というものでは、ありません。けれど、明日の食べる物にも困っていた主人公が決して貧乏から脱出したわけでもないのに 確かに、幸せになった感がある見せ方は凄いと思います。
そして、何よりもボンボン役の犬が凄いです。主人公の方もとっても良い味を出されておりましたが、ワンコも凄い役者でした。
「ナイトミュージアム」
★2007年3月10日  スカラ座★
  これは、大お薦めですよ!!!
兎に角、面白いです!!!お話は、特に捻りは無いのですが、本当にこういうお話が好きで作っているって感じですよ。 観ている時から、国立博物館に行きたくなってしまいましたもの。
  kimu大お勧めは、骨レックス君!!!!!一匹欲しいです(デカ過ぎっ!!!!笑)

  登場人物(人物では無い方々もいらっしゃいますが…)が、悪役も含めて皆憎めないのですよ〜っ。 こういう映画って本当に良いですよね。
「ドリーム・ガールズ」
★2007年2月 ワーナー・マイカル★
  本当は、「ナイト・ミュージアム」を観に行ったのですが、車が混んでいて時間に間に合わなかったので、他のを観ようって事になって観たものです。kimuは、全く興味のなかった映画だったので、ポスターとアカデミー賞で助演女優賞を誰かが貰っていたなぁ位しか知らなかったのです。観たら…、凄く面白くて面白くて。
これを観たがっていた友人にありがとうと言いたいです。

話は、簡単。なかなかチャンスの無かったドリーム・ガールズ(黒人の女の子3人のグループ)にチャンスが廻ってきて、大成功して、でもそれから…みたいな感じです。どの人が主人公か判らない感じも良かったし、何と言ってもミュージカル好きのkimuですから、ミュージカル仕立ての映画も好きなんですよ〜っ。
最近はミュージカル映画が増えてきて嬉しい限りです(昔のミュージカル映画黄金期の映画も好き!!!)。

  kimuはこの映画で初めてビヨンセ氏を知りました(名前だけは聞いたことがあった)。凄く綺麗な方ですねぇ(しみじみ)。本当に綺麗。綺麗な人を観るのはよいですねぇ(←変態っぽい!!!笑)。
「ダニー・ザ・ドック」
★録画ビデオ★
  ずっと観たくてなかなか観られなかった映画です。

  あらすじだけでもkimuの好き系なお話でしたが、観ても好き系でした(変な日本語だ)。 小さい頃に取立てマフィア(マフィアってほどでもないのかしらね??チンピラ???)に拾われたダニーは、用心棒犬みたいにして育てられます。 首輪を外すと闘争心が出てくるというようにインプットされていたようです。そんなダニーが盲目のピアノ調律師にあったことから人間を取り戻して行くというお話しです。もうね、ダニー役のジェット・リー氏が凄く良いのですよ。
  kimuは今まで彼を上手い役者だと思った事がなかったのですが、今回初めて、上手い役者さんだなぁと思いました。 あの、目とか表情の微妙な変化が凄い良いのですよ!!!!

  ジェット・リー氏の色々映画は観ましたが、時代は違えど常に無口・無表情・冷血漢っぽい見た目という役を演じていらっしゃいます。
  (※もし、根アカな役を演じている映画がありましたら、是非教えて欲しいです。)そんな中で、これは、結構表情豊かな役柄だったと思います。 あんなに無垢な笑顔を振りまかれたら、お姉さんに任せなさい!!!って言っちゃいそうです。

  そうそう、実はダニーよりもダニーを拾ったマフィア(あ、悪徳高利貸って映画の説明に書いてる…笑)のバートが凄いです。 もう、不死身なんではないかと思ってしまうくらいですよ(笑)。是非是非そこも観て下さい。

  そして忘れてはならないのは、盲目のピアノ調律師サム(モーガン・フリーマン)の義理の娘ヴィクトリア(ケリー・コンドン)が、キュート!!! 可愛いっ。
「ジム・ヘンソンの不思議の国の物語」
★レンタルDVD★
  これ、かつてkimuが小学生の頃好きだった本「砂の妖精」の映像化だったんですよ。レンタル屋で見つけてびっくり。これは借りなくては!!と借りてまいりました。
  そしてさらに吃驚だったのは、「お願いサミアドン」っていうアニメが嘗てあったのですが、あれも「砂の妖精」が原作だったそうです。 これも観ていたんですよ…(好みが変わっていないなぁ…)。

そんなkimuの幼き頃に知らずして浸透していた「砂の妖精」もとい「不思議の国の物語」ですが、面白かったです。 あっさりした作りですが、なかなか好感が持てますよ。寧ろ、こんな話だったっけか???と思いながら観ておりました。 唯一気になったのは、サミアドのイメージがぁ〜っ。kimu的イメージは、もっと貝っぽかったのですが、この映画では、 貝に挟まったドラゴンって感じでした。それはそれで、可愛かったですけれど…(←無類のドラゴン好き)。
「スリー・ハンドレット」
★2007年06月16日 ワーナー・マイカル★
  宣伝での映像を観て、気になっていた映画ではありましたが、観に行かないだろうなぁと思っていたのですよ。そしたら、友人から観に行こうよ〜っとお誘いがあって、初日のレイトショーへ行きました。

・・・・・・・・・。

予想以上に凄く面白くって、大御薦め!!!!!

 kimuは筋肉駄目なのですが、あの映像だと半嘘っぽくてあまり気になりません(笑)。 何で戦いに行く人があんなに軽装なの??あのマント邪魔なんじゃ???とか突っ込み所も満載ですよ。 でも、何よりも戦い方が素晴らしい!!!!!!うほーっ強い〜っ。賢い〜っという感じです。あの戦い方だけでも一見の価値がありますよ。本当にあんな戦い方をしていたのかしら???

  kimu的に日本で何でもっと人気が出ないのか不思議です。アメリカでは、大人気だったらしいですよ。まぁ、日本では、あまり知れ渡っていない役者さんばかりって言っちゃあそうなんですが、一昨年大流行だった「オペラ座の怪人」の怪人役を演じられていたジェラルド・バトラー氏なんですよ!!!   そして「lor」fanならお馴染のデイビッド・ウェナム氏も出演されているんですよ〜っ。 kimuは結構、デイビッド・ウェナム氏好きなので、映画を観てびっくりしました。おおっ〜デイビッド君!!みたいに(笑)。
が、しかし、ここで大御薦めとして上げておきたい役者さんは、敵のペルシャ軍の王様である、クセルクセス役を演じていらしたロドリゴ・サントロ氏。 兎に角、凄いメイクっ。小指立てても良いよ的ナルシストっぽいっ感じで(kimuの大偏見イメージ)、画面に出ている間中気になります。 例え小さく映っているシーンでも、気になってしまいます。

機会があったら是非観て欲しい映画ですよ。
「かもめ食堂」
★録画ビデオ★
  ずっと、観たかった映画なので、楽しみにしていました。

 予想通り、面白かったですよ!!!  兎に角、役者さんが良いですよ。三人共、個性派女優って部類に入る方達なのですが、kimuは、三人とも好きなんですよ。この三人の個性がうまい具合に溶け合って、またまた面白い空間になっているんですよ。原作は映画の為に群ようこ氏が書き下ろしたそうなのですが、この原作も読みたいなぁと思っております。

  映画の舞台は、フィンランドのヘルシンキ。これがまたまたkimuの好きな北欧。 北欧、独特の光の感じと空気の感じが良く出ていてそこも良い感じです(北欧、行った事がないので、あくまでもkimu的イメージの北欧の光と空気ですよ。未来的には、必ず行きますよ〜っ北欧!!!)。

  お話は、日本人の女性がヘルシンキにメインメニュー・おにぎりの小さな食堂を営んでいるのですが、openして1ヶ月経っても、客が一人も来ないって所から始まります。 そこに、さまざまな理由で二人の日本人女性がやってきて、少しずつお客も増えて、最後には満席になる所で、映画は終わるのですが、多くを語らない感じが凄く良いのですよ。 まず、主人公からして、なんでヘルシンキにお店を開いたのかの明確な理由とか判らないのですよ。 後から、結局、お店のお手伝いをすることになる二人の女性に関しても、さらっとは触れますがほとんど、ヘルシンキを訪れる事になった理由が判らないのです。
観ている私達が、僅かな情報から、この人はこういう理由だったのかしら??と想像する事になって、それがさらに面白いと思うのですよ。

 出てくる登場人物の全員がそんな感じで、そこがまた良くって面白いのですよ。 多くを語らないことでかえって、登場人物が生きてきている、本当に凄く上手い作りの映画でした。
「デジャブ」
★録画ビデオ★
  デンゼル・ワシントン氏主演の映画です。
  kimuのデジャブと聞いてイメージした話とは全く違っていて、何所が“デジャブ”なのかとも一瞬思いましたが、なるほど、後半に話が進むに従って納得できる話になっております。確かに、少しずつ“デジャブ”ですね(変な日本語です)。ジワジワ面白くなっていく感じです。

  そもそも、主人公が何故にあんなにこの映画の始まりの事故に、あの女性に関心があったのかと言う事も、“デジャブ”であると思うのですね。過去の出来事で、未来が少しずつ変化していくってあれですね。kimuの好きな設定です。

  しかし、本当にあんな機械が発明されていたら、示す事の出来る範囲内にある事件はほとんど解決出来てしまいますね。映画の凄いところは、本当にこんなものが在るのではないか?!と思わせる所ですよね。あ、でも、本当の事は、誰にも判らないですよね!!何せ発明されていたら重要機密事項で、全ての事が秘密裏に行われていそうですもね。そんな風に想像したりすると、さらに楽しいですよね。
「クワイエットルームへようこそ」
★録画ビデオ★
  凄い映画でした。
  内田有紀ちゃんが少し汚れっぽい役で、あの自分で吐いたモノを顔につけたままの最初の方は、kimuには辛かったです。あの格好良かった有紀ちゃんが!!!的に。(デビューの頃、美少年みたいに格好良かったのですよ!!!)

  お話は、大量の睡眠薬を飲んで病院に運び込まれた主人公が退院するまでの2週間をえがいた感じです。この病院の入院患者さん達がとっても個性的!!!kimuの好きな女優さんの蒼井優ちゃんや、流石の大竹しのぶ様やハリセンボンのはるか氏(相方も患者ではない役で出演されております)が演じられております。
  入院患者さん達もなかなか凄いキャストでしたが、チョイ役の方々も凄い方々が出演されていて、あれ??今の????って思う事シバシバですよ(笑)。
  kimu的には、ナース山岸役の平岩紙さんが良かったです。そしてkimuは、りょうさんのあの冷ややかな目が大好きなので、看護士役にうっとりしておりました。あの冷やや感が素敵ですよね!!!

題材が重くて少し切ない感じですが、面白かったです。
あ、あとあのオチはナイスだと思います!!!
「ブロークバック・マウンテン」
★録画ビデオ★
  色々、突っ込みたいところ満載の映画でした。

  夏の間、山に放牧した羊を守る雇われカウボーイの二人が恋に落ちてって感じのお話なのですが・・・恋に落ちるって感じでもないので、うーん、二人の数年に渡る微妙な関係の話っていうのがぴったりですかね???

  面白かったですよ。
特に“好き”とか言わないし、浮気も女の人は良いけれど(二人共結婚していますし)、男との浮気は駄目っていう、全く判らない感じなのですが(笑)、でもね、明らかに二人は好き合っているんですよ。ジャック(ジェイク・ギレンホール)は、イニス(ヒース・レジャー)に仄かに“好き”ってアピールしているのですが、イニスは、それを判っていながら認めないのですね。自分の感情さえ認めないまま最後の方までお話は進むのですが、このイニスがね、kimuには、じれったくてねぇ(笑)。色々あるだろうけれどさぁ…。kimu的に、ジャックの切ない視線が良いですね。睫毛長いですジェイク氏(「ゾディアック」の時も睫毛長いなぁと思っていました…。長いってより濃いのかしら??)。

  「乙女の祈り」や「ボーイズ・ドント・クライ」とか観た時も思ったのですが、どうして同性愛や性同一障害の映画に出てくる人たちは、真っ直ぐで不器用なのでしょうか??もっと、器用に自分を偽らずに生きていく方法はあると思うのですが、やはり、そこが難しい問題なのかもしれません。観ているこっちが、痛々しくって悲しい気分になります。本当にこういう悩みを持っている人たちが、映画のように(映画も実話を基にしている事が多いので、それがまた悲しいですよね)悲しい生き方をしなくて済めば良いなぁと願わずにいられません。
「ミス・ポター」
★録画ビデオ★
  かの有名な「ピーター・ラビット」の作者の半生です。

  全く、少しも期待しないで観たのですが、とっても面白かったです。kimuは、ビアトリクス・ポター役のレニー・ゼルウィガー氏があまり好きではなくて(「シカゴ」も「ブリジット・ジョーンズの日記」も、面白くて好きですが、ゼルウィガー氏は苦手でした)、だからこそ、期待していなかったのですが、これは良かったです。あの、頬を赤くして話している感じとか可愛かったですよ!!

  特筆すべきは、貴族って(金持ち)羨ましい〜っ(そこかっ!?)。「眺めのいい部屋」を観ても思ったのですが、この方達、一日中暇なんですよ!!!!!「お仕事は何をなさっていらっしゃるの??」で、「無職です」って胸張って答えるの。スンバラシイ!!!!そんなお金持ちの中、お嬢様なビアトリクスは、絵でお仕事をしたいと思っているのです。でも、男の人でさえ「無職です」が通る感覚の世界なので、女の人が無理に職に就く必要はないって感じなのですね。色々あって、出版してあっという間に有名作家になるのですが、そんな中、出版会社の末の息子ノーマン・ウォーン(ユアン・マクレガー)と恋に落ちて結婚の約束をするのですが、幸せは長く続かない…、結局は、色々な幸せを掴んで一生を過ごした感じなります??今現在だって大人気な「ピーター・ラビット」なので、判ると思いますが。

  kimuがこの映画を凄いなぁと思ったのは、主人公が絶体絶命の危機には陥らないのに映画として成り立っている所です。金銭的には、ずっと金持ちでさらに金持ちになったって感じですし、本人の健康に関しては、この映画の中では健康そのものでしたし、考えてみると映画に出来る山となるエピソードがない!!(笑)でも、映画として面白かったですし、寧ろ、kimuの中では気に入った映画になると思います。ちなみに山となるエピソードは、山となるように脚色されたのではないかと疑っているkimuです。伝記みたいな本があるのかしら???真相のほどを知りたいと思ったkimuでした。
「中国の植物学者の娘たち」
★録画ビデオ★
  これは、ちょっと納得いかなかったですね。中国が同性愛者に厳しいのは知っていましたが、本当にこんなにあっさり判決がでてしまうのですね。色々な意味でハラハラさせられた映画でした。若い娘さん達が主人公なので、彼女達の揺れ動く心情が映画に滲み出ているような感じでした。一瞬たりとも、安心して観ていられるシーンがないのですよ。派手な演出とかないのですけれど、何かドキドキ不安になる感じなのです。

  お話は、孤児のリー・ミン(ミレーヌ・ジャンパノワ)が、植物学者のもとに実習生として赴く事になります。そこで、植物学者の娘アン(リー・シャオラン)と出会い惹かれあい、終には…というものです。植物学者の島が舞台なので、兎に角、画面上植物が沢山写っています。さらに、kimuは中国の景色も好きなので、画面だけを観ればうっとりなのですが、先ほども書きましたとおり、全編に渡って不安感満載なので息ぐるしいなぁという感じです。

  主人公の二人がとっても綺麗です。惹かれあう理由も判ります。が、やっぱりどうしてこんなに考えなしで不器用?!と思わずにはいられません。
でも、kimu最大の突っ込み所は…。
ミンが、孤児院を出て植物学者の所へ向かう時に持っていた鞄が、随分、立派だなぁと思っていたのですよ。そしたら、植物学者の所に着いたらお土産の九官鳥になっていました。これだけならああ、物々交換みたいなのをしたのかなぁと思うのですが、その後、アンのお兄さんが兵役から帰って来る時の鞄が、ミンが孤児院から持って出て行った鞄と同じなのですよ!!!!えええっ?!(笑)一般に持っている鞄があれなのかもしれませんけれど…。
「レンブラントの夜警」
★録画ビデオ★
  これは、あまりお薦めできません(苦笑)。映画としては、面白いと思わなかったからです。でも、でも、kimu的に面白い所があったので、ここに書いておこうと思いました。

世界的に有名なレンブラントの「夜警」という絵が完成するまでの過程を綴った映画ですが、色々絡んでいて難しいですし、レンブラントも良い人っぽいけれど、感情の起伏が激しく、画面画面で時間軸は真っ直ぐなのに、微妙につながっていないのですね。さらに、一画面に登場する人物が多いのに、画面が暗く、観難い事この上なく、人物配置もエライ不自然に感じるのですよ。で、最初の方は、何度も観るのを辞めようと思ったのですけれど、何となく気になって観ていたのですね。そしたら、ある事に気がついたのですね。

それは…
全画面を通して絵画っぽいのですよ。暗くて不自然な人の配置は、それが静止していれば絵画に観えるのです。光の差し方や色使いも、レンブラントの絵っぽいのですよ。そんな風に思ったら、俄然、凄い凄いって方が先になって、楽しく観る事が出来ました。これは、かなりレンブラントが好きな方が作っているに違いないですよ!!と思ってHPとか観てみたら、やっぱり!!
監督のピーター・グリーナウェイ氏自体、美術作家で活躍をされていて、さら に“美術学校の学生だった 60年代半ばから、ずっと考察と研究を続けてきた” らしいです。凄いわけですね。

  実は kimu は、初海外がオランダ・ベルギー な事もあり、レンブラントの夜警は、もうすでに一見しております。でも、な んて言うか、この映画を観てから行きたかったです(笑)。絵のデカさに圧倒 されて、細かい所なんてほとんど覚えていません。この映画を観てからだった ら、この辺が謎なのねとか、もっと細かく観られたのに !! と思うと残念です。 これからオランダに行かれる方は、観ておくと面白いかもしれません。
「プレステージ」
★録画ビデオ★
  私の大好きな俳優さんの共演ですよ!!
脇役さんまでkimu好み!!!(kimuはデビット・ボウイ氏のFanでもあるのです。「ラビリンス」大好き!!!)

お話は、ライバル同士のマジシャンのお互いに対する陰湿な嫌がらせの年月(苦笑)って感じです。
恨むのは判らないでもないですが、何だかお互いしか見えていない感じが痛々しい。
だって二人ともそれなりに成功しているのですよ。そんなに目くじら立てて嫌がらせをし合わなくても、一方は大成功。もう一方は、幸せな家庭を持っているんですよ。まぁ、その人の幸せは、他人には判らない事だとは思うのですが、最後までどうにも悲しすぎるお話でしたよ(実は、これにはもう一人重要な人物が絡んでいるのですが…)。

でも、最後までハラハラ、エェ〜っ!!と驚きで楽しめますよ。微妙に痛々しいお話でも大丈夫な方は、楽しめると思います。ただ、kimu的に鳥の魔術は嫌でしたね。ぺったんこですよ…。
「ナイロビの蜂」
★録画ビデオ★
  これは、素晴らしい映画です。

全く、何も考えず観始めたのですが、内容はもの凄く重い話でした。
大手製薬会社と外務省のアフリカ局長などが、アフリカの住民に医療を提供する代わりに、未認可薬の人体実験を行っている事を暴こうとする英国外務省一等書記官夫婦のお話です。
この英国外務省一等書記官ジャスティン(レイフ・ファインズ氏)が素晴らしい!!さらに奥さんのテッサ(レイチェル・ワイズ氏)も素晴らしい!!
夫婦の愛がテーマなので、人体実験を暴く方がメインではない所が、凄いと思うのです。愛も社会問題もと欲張りな作りなのに、それがちっとも無理な感じではないのですよ。おまけにアフリカの大地が素晴らしい。カメラワークっていうのですか???とても効果的なんですよ。アフリカの大地にある青々としたゴルフ場から荒涼とした大地に所狭しとバラックが立ち並ぶ様に変換していく画面なんて、それだけで考えさせる映像ですよ

観終わった後味は、良かったという思いと、悲しいなぁという思いと、本当に、こんな事がありそうで怖いと言う感じですね。


●サイトマップ●