<Center> 申し訳ございません。<br> 現在ご使用のブラウザではこのページをご覧頂けません。<br> お手数をお掛けしますが、<a href="../sitemap.html" target="_blank">サイトマップ</a>からご覧頂きます様お願い致します。 </Center>



Dr.パスナサスの鏡

〜Dr.パスナサスの鏡〜



上にも書いておりますが、観終わってすぐは、
久々にハズレだったなぁと思っておりました。
が、しかし、時が経つにつれ、ジワジワ面白かったなぁと思う映画でしたよ。

お話は、悪魔とパルナサスの賭けに巻き込まれる人々みたいな感じです。
(え??略し過ぎ?!)

以下、kimuの独断的な感想です。
映画内で呼ばれている“物語”は、それぞれの人生の事だと思うのですが、
鏡に入ると、その人の本当の欲望が具現化しているのですね。
そこで、所謂、一般的に堕落や逃げるような選択をすると、
悪魔の勝ちで、欲望に勝った選択をすると、悪魔の負けになるようです。
主人公のパルナサスは、元僧侶で、人々の心を信じていたと思うのです。
そこに悪魔がやってきて、パルナサスを陥れるのですね。
悪魔は、多分、自分の暇つぶし的にパルナサスが
オロオロするのを見たいだけな感じがしました。
だから、賭けに勝った悪魔は、
「勝ってしまった…」みたいな台詞が出たのかなぁと思います。

パルナサスの娘を賭けの商品としていたわけですが、
結局、娘も自分で自分の人生を選択して幸せになるところが良かったです。
パルナサスは、なかなか選択できなくって、
夢の世界(鏡の中)を抜け出せないのです。
結局、もう選択は嫌だという選択をして出てくるのですが、
これはこれで、幸せな感じだったと思います。

kimu的に気になったのは、
パルナサスの心の中(鏡の中)は、
荒涼として荒野や砂漠だけが広がる世界と言う事です。
最愛の奥さんを亡くした後にああなってしまったのでしょうかね??
鏡の中は一番強い思いが反映されるから、
一人づつ鏡に入らなくてはいけないと言う決まりでしたが、
結局、パスナサスの想いが一番強いってことですかね???
どの夢も端々はみんな砂漠みたいになっていくのですよ。
やはり、パルナサスの鏡だからでしょうか???

と、色々解釈出来る面白い映画だと思います。
テリー・ギリアム監督にしては、キツクない映画の方だと思いますが、
奥は非常に深い映画だと思います。


※イラスト上の文字が見難い場合は、お手数をお掛けしますが、
画像をクリックして、イラストを別窓表示にして、拡大してご覧下さい。




●サイトマップ●