<Center> 申し訳ございません。<br> 現在ご使用のブラウザではこのページをご覧頂けません。<br> お手数をお掛けしますが、<a href="../sitemap.html" target="_blank">サイトマップ</a>からご覧頂きます様お願い致します。 </Center>



王の男

〜王の男〜


兎に角、コンギルが美人。
パンフレットにも書いてあったんだけれど、コンギル自身は、何もしていないの。
無口だし、従順だし、でも男の子にしては気がつくやさしさがあんな事になってしまったっぽいです。
同性愛じゃないって製作者が言う通り、ヨンサングンの母へ対する思慕って感じなのです。
だから、女形の男性ではなくてはならなかったのではないかなぁ。
生々しくならないようにね。
どうしても女性だと、思慕って表現が難しいと思うのですよ。

チャンセンは、やっぱりずっと一緒で同じ方向を見ていたはずの同士が
何時の間にか、一緒なのに見ている方向が変わってしまった事に敏感に気がついて、
最初は面白くないって感じだったんじゃないかな。
だから、kimu的に最期のチャンセンの劇の台詞の訳がイマイチ気に入らなかったりするのですが…。
誤解され易いっていう感じで。
だって心変わりって言うと恋愛感情みたいじゃないですか??志とかにした方が良い様な気もしたりしなかったり(笑)。
DVDが出たら吹替えでも観てみよう。

結構、男の子の団体で観に来ていたりしていたので、
もしかしたら客層がとっても広いのではないかと思うkimuです。
お薦めですよ。



●サイトマップ●