<Center> 申し訳ございません。<br> 現在ご使用のブラウザではこのページをご覧頂けません。<br> お手数をお掛けしますが、<a href="../sitemap.html" target="_blank">サイトマップ</a>からご覧頂きます様お願い致します。 </Center>



ダ・ヴィンチ・コード

◆ロバート・ラングドン(トム・ハンクス):
何だか、この方まで酷評なんですよね。 観た感じ、私は特にどうって思わなかったのですけれど…。
役者ばかりは、好みが分かれる所なので、 みんなにOKって言われるなんて事はほとんどないでしょうから そこは、まぁ良いとしましょうよ(笑)。

私的には、トム・ハンクス氏の役ではないなぁって、 実は観る前から思っていたのですが、
そこは、流石役者さん。
気になる感じではなかったです。

とにかくラングドンがいなければ、 何もならなかったという話ですから(笑)
映画でもその辺は凄いです。
(だからずっと眉間に皺が寄っているのか知らん?!)


◆ソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ):
ソフィー自体、原作からあまり好きではなかったのですが、 映画はもっと駄目ですね…。
ほとんど、ラングドンをルーブルから連れ出すだけの為っぽく なってしまっています…(がくっ)。
そして、最大の駄目出しは、ソフィーとジャック・ソニエールとの関係!!!!
あそこはすっごく大事だと私は思っていたので、 その設定を変えてしまうなんて嗚呼嗚呼嗚呼っ。
でも、ここは、ソフィーの所為ではない(笑)。

役者さん的には、普通の役もできるのね(と失礼な事を思ったり…)。
だって、オドレイ・トトゥ氏って変わった役を演じている事が多いと 私は思っているので…(「アメリ」大好き!!)。


◆シラス(ポール・ペタニー):
原作からシラス好きだった私ですので
(魚のシラスも大好き!!!←全然関係ない)、
映画化に当たって役者はどんななの?!って最大に気になっていました。
(主人公は気にならなかったのに…)
だって色素欠乏症なんですよ。
難しいじゃないですか?!

見て吃驚。
「ビューティフル・マインド」の方じゃないですか!!!
あの役も良かったなぁ(主人公の空想上のルームメイト役)。

私、原作を読んでいる時は全く気にしなかったのですが、 あんなにビッコ引くくらいなんですね。 (そりゃ、血がにじみ出るのですものね…←あまり気にしていなかった)

自分を鞭で叩くシーンが凄いなぁと思っていたら、 やはりあのシーンは、役者さん本人も考えて演じられたシーンらしく 見事に思惑通りって感じでしたね。
(パンフレットにそこのインタビュー部分が書かれておりました)

もうね、シラスについては色々語ってしまうのでここには書きません。
だってあまりにも不憫で…(うううっ)。
人殺しは駄目なんですけれど…。


◆リー・ティービング(イアン・マッケラン):
いやさ、イアンさんじゃ、駄目でしょう〜っ。
もうこの方ってだけで、悪じゃない?!(笑)

私のリーのイメージは、ちょっと太めなんですよ。
何故か…。イギリス紳士なのに…。
見た目には絶対に悪そうには見えない感じで。

イアンさんのティービングは、でも、良かったな。
ちょっと狂気が入っている感じで。
特に、最後の所が好き。
ラングドンがちゃんと謎を解いたって判ったシーン。
本当に、秘密が埋もれない事に安心したって感じの 表情が、すっごく良いのでした。
警察に捕まってしまう事より、それが大事って感じが その表情だけで判るの。本当に良かったなぁ。


◆ベズ・ファーシュ(ジャン・レノ):
この人も、設定が微妙に違っていて…。
良いのそれで?!ええーっ?! って感じなのですけれど、ジャン・レノ氏は良いです。

初めてキャスティングを聞いた時、 ジャン・レノ氏の名前を見て直ぐに“ああ、ファーシュね”って思ったくらいですもの。 (他にジャン・レノ氏が演じそうな役も無かっただろうし…笑)

原作通りだったら格好良かったのになぁ(苦笑)。



〜ダ・ヴィンチ・コード〜


やはり、原作が面白すぎるせいか、酷評の多い映画となってしまいました。
うーん、私もどうしても許せない設定の変更があったので、微妙なんですけれど、
そこさえ、
そこさえ
目をつぶれば、なかなか面白かったのではないかと思います。

でも、脚本はもしかしたらもうちょっと検討の必要性があったのでは??とか思うのですよね…。
ど素人の私が観ても“ぎゃーっ、大事な台詞がない〜っ”って思うくらいでしたもの…。

観るなら、恐らく原作を読んでからの方が良いかと思います。
その方が、楽しめます。
あの設定の違いが気にならない方は多分、大丈夫だと思います。
私だけかもしれないですし…。




●サイトマップ●