<Center> 申し訳ございません。<br> 現在ご使用のブラウザではこのページをご覧頂けません。<br> お手数をお掛けしますが、<a href="../sitemap.html" target="_blank">サイトマップ</a>からご覧頂きます様お願い致します。 </Center>



〜ファンタスティック・フォー〜


ファンタスティック・フォー

面白かったです!!!
何だか地味なんですがそこが良い感じでした。
何やら"他のアメリカンコミックのヒーローと違ってあまり悩まない"と
ありましたが、そこが良いのですよ〜。
この人たちは研究者なので、悩むよりも
治す事に探究心を求めているのですね(リード)。
ま、中にはちゃっかりヒーローになっている人もいますが(ジョニー)。
湿っぽくないところが良いですよ。
派手ではないので、派手なアクションが好きな人には物足りないかも…。
何せ、リーダーから身体が伸びるだけの能力ですから(笑)。

リード・リチャーズ
(Mr.ファンタスティック)
頭は良いのかもしれませんが本当に鈍感ちゃんです。
あのシーンはkimuのお気に入りです。
(あのシーン:スーがユニフォームを持ってきた時)
リーダー(多分。笑)がこんななので他の人が大変。特にスーとベン。

スー・ストーム(インビジブル・ウーマン)
素敵!!格好可愛いvvvv
ジェシカ・アルバ氏のFanであるkimuにはうっとりでした。
スーはしっかりしていて頭が良くて、
はっきり言って非の打ち所のない女性なんですよ。

ベン・グリム(ザ・シング)
この人が一番辛いかな〜っ。
映画の中でも言っていましたが、
何で彼だけこんな外見になってしまったんでしょうかね。
やっぱり一番直接的に宇宙嵐を浴びてしまったからかしら??
そしてkimu的最大の謎!!!
何故に指が4本なのか?!

ジョニー・ストーム(ヒューマン・トーチ)
kimuはお調子者系が好きではないのですよ。
なので、ムカついていました(笑)。
お前のせいでこんなになっちゃったんだーっ(怒)とかね。
でも、きっとこういう人は必要なんだと思います。
何だかんだと、リードもスーもベンも真面目なので
この位遊びの世慣れている人も必要かも(笑)。

ビクター・ヴァン・ドゥーム(Dr.ドゥーム)
何だか可哀相な人でした。
原作はどうだか知りませんが、
もうちょっと他の人がやさしく接してあげられたなら、
もしかしたらこんな風にはならなかったのかも…。
でもね、この人自体、嫌われる要素満載な感じだったからなぁ(苦笑)。
でも、忠実な部下がいるようなので(kimuはああいうガリガリ系好きです)
今後も楽しみです。



●サイトマップ●