<Center> 申し訳ございません。<br> 現在ご使用のブラウザではこのページをご覧頂けません。<br> お手数をお掛けしますが、<a href="../sitemap.html" target="_blank">サイトマップ</a>からご覧頂きます様お願い致します。 </Center>

不思議な窓の彼方


〜不思議な窓の彼方〜


伯父様が私に用意して下さった部屋には、
丸い不思議な窓がありました。

伯父様は、
“この家で何をしても何所へ行っても良いが、この窓だけは開けてはならん”
と、仰いました。
けれど、私にこの部屋を用意して下さった上でのこのお言葉…。
これは、もう、“この窓を開けてごらん”と言っているのと同じ事だと私は思ったのです。

レジーナは、そう思うと“止めた方が良いよ!!”とまるで止めているように
行くてを阻んでいるミレ達を押し退けると勢い良く窓を開け放ちました。

そこには、伯父様の家の周りではない風景が広がっていました。
呆然と窓の外を観るレジーナ。



ここから、レジーナの冒険が始まるのです。
なぁ〜んていうお話。
ちなみに窓の向こうは、当たり前のごとく“不思議な世界”です。
窓の下にいるのは、小人さん達。
久々の窓が開いたのでドキドキと集まってきています。



●サイトマップ●