<Center> 申し訳ございません。<br> 現在ご使用のブラウザではこのページをご覧頂けません。<br> お手数をお掛けしますが、<a href="../sitemap.html" target="_blank">サイトマップ</a>からご覧頂きます様お願い致します。 </Center>

象の苦悩


〜象の苦悩〜


以前にも書きましたが、社会的事件などは描かない様にしているのですが、
今回も、大変悲しい事でしたので、描いてしまいました。


kimuが院時代、研究対象としていたフタバガキ科樹木の主な原産国であるスマトラ島で、
象が、民家を襲う事件がありました。

森林伐採が進んで、象のすむ場所がなくなって来たからという事でした。
あんなに大人しい象を、そんなにまで追い詰める事がどんなに大変なことであるか、
最終的には、何倍にもなってその報いが返ってくるのに、
という事を、全人類が考えるべきだと思います。

象に限らず、どんな動物だって人間と同じように住む場所が脅かされれば怒ると思います。


今回の絵に“怒り”ではなくて“苦悩”とつけたのは、
穏やかな象が、怒らなくてはならい状況に苦悩してるという事で描きました。
kimuにも、院時代のように、森林の保護・再生のお手伝いが出来れば良いのにと改めて思った次第です。



●サイトマップ●